勘から科学へ

勘で投資している投資家がより論理的投資ができるようになるためにつけているブログ。

2つの承久の乱

 

承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

 

 今日はあんまり株と関係ないエントリーです。

こちら本屋をみていたら同じような本が並んでいたので読み比べをしてみました。

 

本郷版

本郷さんの本を読むととても読みやすいです。どちらかというと何が起きたよりもおきたことの構造や出来事の意味を説明しようとしています。またいかに北条家が鎌倉幕府で政敵を倒していったのかという説明が書かれています。

歴史エッセイという感じがします。

 

坂井版

当時読めれた和歌や当時の文化の解説もあります。また課程の描写に重きが置かれている感じがしました。また鎌倉幕府ができるところから本の説明が始まります。文体もドライです。

歴史の教科書みたいな感じがします。

 

両者の比較

  坂井 本郷 ウィキ
源 実朝 暗殺の黒幕 公暁 単独犯 北条 義時 諸説あり
源頼茂 成敗 幕府内の権力闘争 記載なし 後鳥羽上皇の反鎌倉の祈祷がばれたので口封じのため
乱の直接的な原因 源頼茂 成敗などで大内裏焼失の再建がうまくいかないので幕府をコントロール化におこうとした 幕府を武力で押さえ込もうとした。 幕府の後継者問題などの朝廷と幕府の対立
朝廷の敗因 戦略はあったが上皇のワンマン体制、上皇のリアリティーの欠如 朝廷は人員が動員できなかった。対面で会話ができない。 鎌倉側の結束の強さ。朝廷側の準備不足

 

とりあえず比較する表をなんとなく作ってみました。

ウィキペディアの情報も参考までに入れています。

 

歴史の面白さは同じイベントでも色々な解釈があることです。

本能寺の変でなぜ明智光秀が謀反を起こしたかというのは諸説ありますが、

それに近いのがこの源 実朝 暗殺事件ではないでしょうか。

 

どの史料の記述を採用するかで意見が割れています。

 

これは株でも同じでしょう。同じ企業でも見方によって評価が分かれるものです。

多面的に評価して何が正しいかを自分の頭で考える必要があります。

 

源 実朝 暗殺に関しては坂井版で書かれている単独説が一番しっくり来る気がします。

 

みなさんも読み比べると面白いと思います。

承久の乱はすごい日本史の転換点だといわれていますが、我々の今の時代も将来からみたらすごい転換点を迎えているのかもしれません。

人口減少が表面化して移民受け入れ、働き方改革などが進んでいます。

日本経済のあり方そのものが変わろうとしているのかもしれません。

それは株価にも反映されていくと思います。

グアムに行ってました

友人の結婚式に出るためにグアムに行ってました。

 

南国気分ですごく楽しかったです。

日本人観光客が多く、色々なところである程度、日本語が通じます。

なのであんまり外国感はありませんでした。

時差は1時間しかなく、飛行機で3時間程度なのでたいした負担もありません。

 

グアムはアメリカですが、主要な産業が観光です。

 韓国人、中国人もたくさんいました。

 

グアムのスーパーで驚いたこと

スーパーにはアメリカからの商品、日本製の食品、中国、韓国の食品がたくさん並んでいました。

 

すごいなと思ったのは米が22キロ、2000円で売られていました。

カルフォルニア米なので味はよくなさそうですが、22キロ2000円です、

日本では5キロぐらいしか買えません。

 

米の関税を下げたら、外国から安い米がたくさん入ってきそうです。

日本の農業を改革しないと、とてもじゃないけど競争できないなと思いました。

 

グアムで気になったこと

またグアムは沖縄にいる海兵隊が1万人ほど移ってくる予定の場所です。

基地を拡張しようと工事をしていました。

さらに人口が増えるため、グアムの景気は良くなりそうです。

 

歴史的にはグアムは太平洋戦争の激戦地で2万人が玉砕した地です。

日本人観光客はどのくらいそれを意識しているのかはわかりませんが時代が変わってよかったです。

 

一つ気になったのは、本屋の少なさです。

池上 彰さんはその国が発展するかどうかは本屋をみればわかるみたいなことを言っていました。

 

www.parc-jp.org

 

本来の趣旨は若者がたくさん本屋にいる国は栄えるみたいなことです。

平日行ったせいか、本屋に人はあんまりいませんでした。

 

本屋に経済書やビジネス書、ビジネス雑誌がなく、このロジックで行くとグアムはあんまり経済成長しないのではないかと思います。

 

仮に経済成長しなくても現地の人は楽しそうです。

ツアーのガイドさんによると週末のBBQを楽しみにいきているとのこと。

まるでマイルドヤンキーみたいなだと妻は言っていました。

 

日本で、コンビニでたむろしている若者みたいに、スーパーの前でたむろしている若者らがいることは気になりました

 

観光しか産業がないため失業率も高いといううわさを聞きました。

 

来週の投資方針

グアムに行っている間に株価が下がっていてびっくりしました。

来週は上がるといいのですが・・・。

 

 

1月のパフォーマンスおよび気になる動き

一月はパフォーマンスがよかったです。

前月比5%のアップです。

 

しかし前年同期比99%です。

やっと一年前と同じぐらいに戻ってきました。

 

3月決算に向けて優待株を買っていこうと思います。

 

実は1月はほとんど動いていないので、報告することがこのパフォーマンス以外にありません。

 

ちょっと気になるニュースを羅列させていただきます。

 

・日欧EPA発効

スーパーにいくとヨーロッパ産のワインの値段が安くなっていました。

今後じわじわと経済へ効いてくると思います。

チーズが安くなるというので北海道は厳しいみたいですが。

headlines.yahoo.co.jp

・TPPの影響

カナダ産の牛肉が増えるみたいな記事がありましたが、私の周りではまだそこまでではありません。

相変わらずアメリカ産が多いです。

www.nikkei.com

 

EPAと共に経済にいい効果を生み出してもらえばいいのですが。

EPAとTPPといい消費者としては安く外国産のものが手に入るのでありがたいです。

もちろんその反面、外国との厳しい競争にさらされる業種は厳しくなります。

 

・韓国情勢

headlines.yahoo.co.jp

 

なんか色々あるようですが、政権には打撃のようです。

韓国大統領はあんまりいい最後を迎えないのですが、文大統領のそのフラグがたったのでしょうか。

 

日韓の関係は冷却期間という感じでしょう。

 

・投資本の感想 

1%の人が知っている99%勝てる株が見つかる本

1%の人が知っている99%勝てる株が見つかる本

 

この本を読みました。

要するに営業利益の高い、売上げが伸びている会社に投資しようということだと思います。 こういう考え方もあるのかと参考になります。

 

 

 これは結局、労働者の搾取から機械の搾取になる未来を予想しています。

なので機械を所有する企業を搾取する側、つまり株主になれと勧めています。

本書ではアメリカ株を進めていました。

株を買うというのはギャンブルではなく、企業のオーナーになるという本質を理解していない人が多いというのは残念です。

 

他にも本がつみあがっているので読んで行きたいと思います。

 

また一週間がんばりましょう!

 

無印で気がついたこと、街を歩いていて気がついたこと

私の妻が無印のファンなのでうちのものは無印のものが多いです。

 

使っていたシーツが破けてしまったので買いにいきました。

 

数年前に買った今のものは中国製でしたが、新しいのはなんとカンボジア製でした。

 

これは中国から生産拠点を多様化しようとしている無印の表れなのでしょうか。

気になって他の商品もみてみましたが、ベトナム製、タイ製など中国製以外がおおかったです。もちろん中国製もまったくなくなったわけではないのですが、以前よりも数が減った気がします。

 

見たのは家具や寝具関係なので、

他の商品では中国製は引き続き多いのかもしれません。

 

米中貿易戦争の影響で変えているのか、それともそれ以前から変えていたのかわかりませんが、前から下記のような活動を2013年の段階からしていたので、基からなのかもしれません。

 

www.undp.or.jp

 

しかし中国製から変えることでコストがすごくさがっているわけではなさそうです。

 

無印の株価は現状去年と比べると下がっています。

stocks.finance.yahoo.co.jp

 

3万あった株価が2万3000円くらいになっています。

単元が100なのでもし株をもっていたら、70万のダメージになります。

単元の金額が大きい会社はリスクがありますね。

 

下がっている原因としては国内店舗の不振があるようです。業績予想も下方修正しています。

https://ssl4.eir-parts.net/doc/7453/tdnet/1661680/00.pdf

 

個人的にはずっと欲しいと思っていたのですが、単元株の金額が多き過ぎて手がでていない銘柄です。

 

単元が200万円を切ったらちょっと検討しようかなという感じです。

 

・その他街を歩いていて思ったこと

カンボジア自体はTPPに加盟国ではありませんが、ベトナムはTPP加盟国です。今後ベトナムからの輸入は増えるのかもしれません。

 

東京を歩いていて思うのは外国人の多さです。観光客は増えていますし、外国人労働者が増えているというニュースも流れています。

 

他にも池袋駅ではAIの案内システムの試験運用の筐体がおいてありました。

話しかけると日本語の聞き取りは完璧でしたら、それに対する答えはありませんでした。まだまだ学習段階なのかもしれませんが、これが充実されられたらすごいなと思いました。駅員さんの仕事がかなり減ると思います。

 

私がみたのか下記の会社の筐体でした。

 

www.jrerobo.com

 

街を歩くとこまごまとした変化がおきており、もう未来の前触れが起きているのかもしれません。

 

世の中すごいスピードで変わっているので、しっかり目をこらさないと、投資の種を見逃す危険があります。

 

どんなところにも投資のヒントがあるなと思いました。

それにブログに書き起こすから気がついたのであって、書いていなかったらなんとなくで忘れていたかもしれません。

 

なんとなくの勘だけではなく、言葉にすることでロジックを説明できる科学になるかなとこのブログの目標を果たせているのかなと思いました。

 

ダイヤモンドザイ 3月号発売

 

 

ダイヤモンドザイが出ていたので読みました。

 

今月号は確定申告に関して、紙面が割かれていました。

 

副業についての紹介の記事がありました。倉庫のレンタルなど、物を貸す系はやってみたいなと思っています。自分で企画して利益につなげるのが大事かなと思います。

 

AKBのメンバーが株に投資をするという企画もあり、これも面白く読ませてもらっています。どちらの方も積み立ては黒字だけど、持ち株が赤字というのは印象に残りました。やはり今は積み立てをする時期なのかもしれません。

 

恋する株式市場というマンガ連載も今月は面白かったです。

逆イールドの説明が出ていました。なかなかわかりやすかったです。

私もこちらの記事で逆イールドには書かせてもらいました。

tt501.hatenablog.com

 

個人的に一番面白かったのは億り人の対談企画です。

一番最後のJACKさんのコメントが一番印象に残りました。

 

専業投資家でなければ、焦って投資をする必要はない。明らかにチャンスだと確信できる場面をまったほうがいい。 

 

この言葉のとおり、私は今日も動いていません。

ああ豚積みになっているお金を使って投資をしたい。

明日も静観しようと思います。

 

現金をためてここぞという時に投資します。

 

テーマ株への投資 folio と最近の取引

フォリオ | テーマで選ぶ、かんたん投資。

 

このようなサービスがあります。

テーマごとに投資ができるというサービスです。

どういう会社に投資するかもわかるので参考になると思います。

 

たまになぜこの会社がこのテーマなのかということもありますが、

それを調べると勉強になるかもしれません。


最近は特に取引をしていません。

株価が上がっていますが、本当に自分がほしいと思った金額以外では取引しようと思っていません。

 

私もよくやる失敗で、株価が上がっていると、買い注文の指値の金額も上げてしまいます。

 

しかし今の相場ではそういうことをせずに本当に欲しい価格での注文にしています。

上下が激しい相場だと本当に株の価値がわかっているのか問われていると思います。

 

来週もしっかり乗りこなしていきたいと思います。

 

三月優待に向けてたくさん今年も仕込んでいきたいと思っています。

 

他にも明日はダイヤモンドザイの発売日なので立ち読みしに行こうと思います。

ニトリ社長も気になるIBJ

 

www.ibjapan.jp

 

私は日曜日はがっちりマンデーを朝起きてみているのですが、その中でニトリ社長の気になる会社でIBJが紹介されていました。

 

tt501.hatenablog.com

 

こちらの記事でも紹介させていただきましたが、私はIBJの株を持っています。

株価は前回紹介させていただいた時から右肩上がりです。

 

紹介時は733円(2018年11月12日終値)だったのが今は892円です。

ROAも前の期が18%といい数字です。

 

やはり婚活というプラットフォームを握っているのは大きいと思います。

 

全国の結婚相談所約2,000社が加盟する日本結婚相談所連盟や、直営結婚相談所、婚活サイト、婚活パーティー等を複合的に運営するIBJは、2006年の設立以降、成婚数が右肩上がりで増え続け、2018年は過去最高となる6,132組(12,264名)を成婚へと導きました。

www.ibjapan.jp

日本の結婚の1%はIBJで出会って結婚しているようです。

単純にすごいなと思います。

 

それでも20代前半の人は日本には600万人いるらしいので、

まだまだ会員を増やす余地はあります。

 

転職を考えたらまずはリクルートエージェント、DODAに登録するみたいな感覚で婚活を考えたらIBJという時代がくるのかもしれません、

 

ちなみに優待が以前は婚活パーティーの無料参加券でしたが、今は3万円の割引券です。

 

6月には500円のクオカードがもらえます。

 

(株)IBJ【6071】:株主優待 - Yahoo!ファイナンス

 

とりあえずクオカード目当てにゆっくりホールドできればと思います。