勘から科学へ

勘で投資している投資家がより論理的投資ができるようになるためにつけているブログ。

四季報を買うべき2つの理由とデメリット

私は四季報を本で買っています。

 

四季報を買うことをお勧めする2つの理由があります。

 

1.情報が網羅的に書かれている

2.ページを適当にめくることができる

 

1.情報が網羅的に書かれている。

四季報には情報が網羅的に書かれています。

財務的なところでは自己資本率や有利子負債などの記載があります。

他にも指標的なところではROEROAが掲載されています。

他にも株主の一覧や直近の株価のチャート、PERなども記載があり便利です。

 

他にも四季報の編集部の企業に関するコメントは秀逸です。

四季報の担当者がその会社をどう見ているのか会社比強気などのコメントが欄外にありみることができます。

実際にどこまでこの予想があるのかわかりませんが、他の投資家もこのコメントをみているのである程度は参考になります。

 

2.ページを適当にめくることができる

四季報を本で買うとページを適当にめくることができます。

つまりランダムに銘柄をみることができます。

ある本にはランダムにポートフォリオを組んだほうが運用成績がプロよりいいなんて話もあります。それの是非はともかく、本をぺらぺらとめくることで普段検索することがないような銘柄にあたることができます。

もちろん普段からアンテナを張り巡らせておくべきではありますが、一般消費者向けの会社しか我々が普段生活していても目にしません。

 

BtoBの会社または地方に根ざした会社をどう探すかというと四季報を適当に探すというのもひとつの方法です。

 

ランダムにページをめくることで思いもよらなかった会社に出会えることがあります。

 

株の雑誌などで取り上げられている株はすでに材料がニュースになっており、あまり利益の幅が少ないです。しかしこの探し方ならニュースになる前に仕込むことが可能になります。

 

四季報のデメリット

四季報のデメリットは情報が古いということです。

発売が3ヶ月に一回ということで、どんどん情報が古くなっていきます。

情報によって株価が急変するのはよくあることです。そのため情報が遅いとそれに乗り遅れる可能性があります。

 

また四季報の情報は網羅性を重視しているため、一社一社の分析が深く載っているわけではありません。そのため分析がしたい場合は別の媒体で情報を集める必要があります。

 

四季報は買うべき本だと思っています。

ただこれを買うべき会社の分析の第一歩というか、まずは会社を認識するためのツールだと思っています。思いもしなかった企業との出会いがあるので買ってみてはいかがでしょうか。

 

 

会社四季報 2018年3集夏号 [雑誌]

会社四季報 2018年3集夏号 [雑誌]

 

 

 

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方

 

 

 

 

 

株が下落しているときに気をつけたい3つの事と今後の株価の予想

持ち株が下落しているときに気をつけたいことは三つあります。

 

  1. まずは落ち着く
  2. 損切りのルールは厳守する
  3. リスクを考える

1.まずは落ち着く

下落時、まずは落ち着きましょう。

びびって急いで売ってしまったり、

ナンピン買いをしてしまうと後悔しやすくあります。

 

深呼吸をすると気分が落ち着きます。

 

2.損切りのルールは厳守する

落ち着いたら損切りのルールは厳守しましょう。

私は買値の10%下がったら売ることにしています。

個人投資家は儲かるというより退場しないということが大事です。

もちろん株価はまた上がる可能性があります。

そのために株を売って投資資金に戻すことも大事です。

退場を食らわなければ、また取り戻すこともできます。

 

3.リスクを考える

株価の下落がどういう原因かを考えましょう。

将来的に戻るのかもうだめなのか判断が必要です。

またまだ損をしてない銘柄についても、売って利益を確定するべきなのかの判断が必要です。

もちろん会社にほれ込んでいて将来上がるという希望があればナンピン買いもいいでしょう。

しかし、株価が下落しているときはさらに下落することは多いものです。

なのでそこのリスクはよく考えたほうがいいでしょうか。

個人投資家は自分のお金でやっている限りは特に成績について他者からとやかく言われることはありません。これは最大のメリットだと思います。なので下落しているときは待つの相場なのかもしれません、

 

 

今後の予想

今後米中の貿易戦争で株価がかなり下がりそうなので、記事をあげました。

日経は金曜日に値をあげましたが、今後貿易戦争は長引きそうという話もあります。

とりあえず11月の中間選挙まではトランプ大統領は強行姿勢を貫きそうです。

トランプの支持者はこの関税をかけるという行為を支持しています。もちろん今後悪影響は出てきますが、発動から悪影響が出るまでに時間差があります。中間選挙で勝ちたいトランプ大統領としては強行姿勢を貫くでしょうか。

 

日本の株価はこのニュースを受けて株価が下がりやすくなると思います。

日経新聞の記事にありましたが、今投資家は売りのポジションを取らずに現金ポジションを増しているそうです。つまりリスクが高くてポジションをもてないということでしょう。

 

リスクを考えて現金で待つのも相場です。

もちろんリスクをとってこそリターンも得られます。

私は下がっているときでもいいなと思った会社の株は買います。

バタフライエフェクトではありませんが、私が買うことで相場の下落にストップがかかったりしないかなと思ったりします。

 

本当に自分がどこまでリスクを許容できるかを考えるのが、株の投資を考える上での大事なことでしょう。

 

株初心者にお勧めしたい最初に株を買うときのルール3つ

株の初心者だと何を買っていいかわからないと思います。

私がお勧めしたい銘柄選びのルールを紹介させていただきます。

 

  1. 一単元を小さく
  2. 生活に困るお金を使わない
  3. 東証一部の会社を選ぶ

 

1.一単元を小さく

一単元を小さくしたほうがいいです。

最初のうちは損失がでると動揺すると思います。

株価は上下するものです。損がでても耐えれるようになるためにはなれるしかないので

まずは小さくやることをお勧めします。

単元が小さいと値動きも穏やかであるので気分が楽になります。

たくさん株に突っ込んだはいいけど、損を出して、こりごりしたという話を聞きます。

そういう失敗を避けるためにも株を買う単位である一単元は小さくしたほうがいいです。

具体的には10万以下がいいのではないでしょうか。

 

2.生活に困るお金は使わない

余裕資金を投資したほうがいいです。

株は損する可能性があります。

そのためなくなってもいいお金で勉強するつもりで株を買うといいと思います。

そもそも生活に必要なお金をつかってしまうと余裕がなくなって銘柄を選ぶ目が曇ります。

 

3.東証一部上場企業を選ぶ

 なるだけ東証一部上場企業の株を買ったほうがいいです。

東証一部上場なら取引が多く、売るときにな早く売れます。

新興市場だと商いが少なく売りたいときに売れないということがあります。

それを避けるためにも信用度が高い東証一部上場企業を選ぶのがいいと思います。

他にも東証一部ということで財務状況もそれなりに信用できます。

もちろんしっかり業績や指数をみないといけないと思いますが、ひとまず信用できると思います。

 

株初心者には全力でリスクヘッジというか、柔道でいう受身が取れる状態で株に投資したほうがいいと思います。

働き方改革法案の可決はいいことなのだろうか

www3.nhk.or.jp

 

働き方改革法案が可決されようとしています。

 

高プロがすごく議論されているように感じます。

 

残業代がでないということがクローズアップされています。

 

残業減らすなら残業代をださないというより、残業代を高くして、残業させるより人を一人雇ったほうが安くすむ方がいい気します。

 

日本みたいに職務が明確に定義されていない場合、残業だけがすごく増える気がします。

株の必勝法

 

 

 

日経マネー 2018年 8 月号

日経マネー 2018年 8 月号

 

 

上記雑誌を読みましたが、どちらも同じことが書かれていました。

 

必勝法はお金をどんどん投じるということです。

変な株に投資していない限り、増える率は変わるかもしれませんが増えます。

 

仮に10万投資して、7万になったとしても次また10万追加投入すれば、いいのです。

まとまった金額をぶち込めればいいのです。

 

10万を100万にするのと、90万を100万にするのでは難易度が違います。

 

資金追加に勝る株の必勝法なし。

 

懲りずにひたすら投資するだけです。

 

地震のインパクト

今日大阪で大きな地震がありました。

 

被害を被られた方もたくさんいらっしゃると思います。

 

早く日常生活に戻れるように祈っています。

 

日本は地震大国です。

 

歴史を振り返っても何回も地震がありました。

 

東日本大震災も記憶に新しいと思います。

 

地震は日本にどういうインパクトを与えてきたのでしょうか。

 

やはり人を不安にすると思います。日本人が確実性を求めるのも、地震があるからだと思います。

 

ヨーロッパには地震があまりないので安心度が違うのかなと思います。

 

株価も下がりましたが、経済的な損失も大きく、株価はまだまだ下がりそうな気がします。

 

もっとみんな会社を辞めていい

日本は今人手不足と言われています。

 

外国人労働者の受け入れを議論し始めました。

 

日本人はもっと会社を辞めて良いのではと思っています。

 

何故なら人が集められない企業は淘汰され、人が集められる企業に人が集まるようになるからです。

 

人によって職場に求めているものは違ういますが、働きやすい会社には人が集まらと思っています。

 

逆に言うと働きやすくない会社は人が集まらない→たくさんの業務を少人数でやらないと行けない→一人当たりの負担が増え、残業が多くなり働きやすくないとなります。

 

また業務の標準化、マニュアル化がしっかりしてないと中途で人をとっても戦力になりません。

 

つまり、マニュアル化、標準化→効率化→残業がすくなるなる→働きやすい環境→採用競争力のアップにもつながるということです。

 

残業が多い、働きにくい職場というのはもっとみんな辞めればいいのです。

 

 

そういう職場ではなにか対策が取られるか業務が回らなくなってしまうでしょう。

もちろん健康な状態だとこれができるのですが、精神状態が疲れているとそれができないときがあります。

命が第一です。会社や仕事のために死ぬ必要はありません。

 

なにか人材系の株を買おうと思っています。

今後日本の人手不足で人材の最適配置が必須になってくると思います。

また外国人労働者も入ってくると思いますので、ニーズがまだまだあると思います。

 

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 

 

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)