勘から科学へ

勘で投資している投資家がより論理的投資ができるようになるためにつけているブログ。

伊藤園で始まる私の配当生活

今日、伊藤園から配当金のお知らせがきました。

 

ここ3年は必ず伊藤園の配当から私の投資生活は始まる気がします。

 

伊藤園タリーズ傘下にもつ会社です。

 

ここのところ増益増収と悪くない業績です。

 

私は優先株を持っています。

議決権は得られないが、配当金と優待をもらうつもりです。

 

最近ルイボス茶にはまっています。近くのスーパーの棚には伊藤園の商品がずらり。

しかしPERは30倍ぐらいが予想されています。

PBRもやく3.5倍ぐらい。

 

ちょっと高すぎますね。

現状ホールドができればと思います。

 

正直今から買っても高値つかみする気がするので今はお勧めしません。

 

権利確定が4月末なので優待狙いぐらいでしょうか。

その後様子をみて売るのがいいかもしれません。

 

伊藤園 ヘルシールイボスティー ティーバッグ 30袋

伊藤園 ヘルシールイボスティー ティーバッグ 30袋

 

 

生涯投資家、数字は人格を読みました。

 

生涯投資家

生涯投資家

 

 この本はとても面白かったです。

 

意外だったのは村上さんはITの企業に投資するときはわからないので友人のアドバイスを聞いているとのことでした。

 

また村上さんはバリュー投資家というのも驚きでした。

 

金は血液と同じで循環させないといけないというのは納得です。

 

書き方が面白いので引き込まれてしまいましたが、インサイダー取引のところは何が正しいのか私にはわかりません。

 

ただ、本書の中で一貫して上場は手段なので、お金があるなら上場廃止か株主に金を返すべきだという主張があり、それには納得です。

 

なので自己資本率が高い株を見ていこうと思っています。

 

数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか

数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか

 

 こちらの本も読みましたが、借金は悪いことではないということです。

 

手元にどのくらい現金があるか。これが中小企業では大事だということです。

そのために銀行から借金をしろという内容でした。

 

個人としては、借金はお勧めできないが、会社をやるときには多いにするべきだそうです。

 

法人だと有限責任なので、個人が責任を負わなくていいという意味で確かに会社がつぶれるのは悪くないと思います。

 

もちろんつぶれる会社がお客さんに迷惑をかけてしまうのはだめですが。

 

どちらの本も目標に対して、手段のあり方を提案しているのが、興味深かったです。

村上さんは日本が海外に遅れるかもしれないという危機意識があって、ファンドを立ち上げました。

 

数字は人格の作者は会社が生き残っていくための方策を論じています。

 

私も常に目標を意識していこうと思います。

 

今年は7%増やす。

最後は目指せ、桐谷さん!

またはガソリンスタンドで一生働き続けましたが、株に投資をしていたので

最後は3億円もってなくなった方になりたいです。

 

去年の成績および今年の目標

去年の成績

 

去年は前年比150%で終わることができました。

2017年の1月1日が100ならば150になりました。

 

今年の目標

前の記事にも書きましたが、バブルの足音が聞こえているので今年の目標は保守的な107%を目指しています。

 

今年もがんばります。

ひしひしと聞こえてくるあれの音

お正月、ジュンク堂池袋店に行きました。

 

なんと投資本の棚が6棚から8棚に増えていました。

さらにエスカレーターからすぐ見やすいところへ移動されていました。

 

これをみて私は危機感を覚えました。

もしかして、バブル?

そして、ダイヤモンドは下記のようなタイトルで雑誌を発売しています。

 

これはバブルですね。

特に新興株はバブルな気がします。

PERは東証2部やジャスダックで20倍を超えています。

 

まだ一部は17倍なのでまだまだ適正な気がします。

 

これに加えて、私の周りでもワンタップバイをつかって

株に興味を持つ人が増えてきました。

 

今がバブルの段階かわかりません。

しかし警戒しながらの投資になると思います。

今年の投資の成績

今年の株式投資の成績は前年比50%アップでした。

 

かなりいい成績です。

ですが環境がよかっただけです。

 

前の記事で書いたかもしれませんが、株式投資は儲かりません。

付加価値があまりありません。

 

来年は景気が悪くなって下がるかもしれません。

フルインベストメントの私は大損するかもしれません。

 

本当に株は儲からないので、サラリーマンの個別株はせいぜい趣味でやるべきでしょう。

 

もちろんインデックスの積み立て投資はありだと思っています。

人生はもっと退屈で良い

今の時代スマホでゲームができたり、ネットに繋がる事で色々なことがわかります。

 

しかし様々な刺激に晒される事で我々は幸せになっているのでしょうか。

 

よく自己啓発本にはネット断ちを勧める内容が出て来ます。

 

人生はもっと退屈で良いのかも知れません。退屈だからこそ変えようとする訳です。逆にそれがネットで満たされてしまったら、それは麻薬のようなものじゃないでしょうか。

日経IRフェアに行っていました

タイトルどおりですが、日経IRフェアに行ってきました。

 

日経IR・投資フェア2017

 

いろいろな会社が見れてよかったです。

ただ気になったのがどの会社も自社の説明に終始していて、

成長性についてあんまり納得感がなかったです。

 

投資したいと思った会社はひとつもなかったのが残念です。

 

ただ勇気付けられたのが、若いカップルや家族連れがきていたということでです。

 

日本の投資家の層も捨てたものではないのかなということです。

 

投資を通じて日本をよくできればと思います。

 

もっとこういうイベントがあればいいのにと思います。

とても楽しかったです。